グローバル・コミュニケーションを、日本語で。

まずはダウンロード

国境を越えて、
世代を越えて、
言語を越えて、

日本と世界の 人をむすぶ。
文化をむすぶ。

好奇心にあふれた日本人と、
日本語を学びたい外国の人々が、

オンラインでつながり、日本語で会話ができる

グローバル・コミュニケーション・サービスです。

日本語で会話 / アプリで簡単操作 / 話題はさまざま

タブレットが、世界への新しい扉になる。

自宅にいながら、世界の人たちとの新しい出会いが始まります。

誰でも、いつでも、日本語でつながる。

日本語を使って、安心・安全に世界の人と語り合えます。

「伝える×教わる」で 好奇心を知恵に

日本のことを伝えることはもちろん、相手の国のことを日本語で学べます。

法人・行政のお客様はこちら

詳細やご質問・お問合せはこちらをご覧ください

個人のお客様はこちら

詳細やご質問・お問合せはこちらをご覧ください

Sail (セイル) のご利用につきましては、上記からお選びください。

総利用者数

0

参加国数

0 カ国

総会話時間

0 時間

ユーザーの声

User Voice

鈴木さん(80代)

定年退職後好きな海外旅行を重ねる中で、何かこれからの人生で国際交流ができたらとの強い気持ちから英語で会話ができるようになりたいと70才から勉強を始め、7年前からは毎年1か月海外でホームステイをしながら英語の勉強と異文化体験を継続してきました。

そんな折テレビでSailを知り多くの外国の方が日本語を学ぶ姿に感銘を受け同じ外国語を学ぶ者として少しでもお役に立てればと即サポーター登録をさせていただきました。日本語を学ぶ動機は、日本に行って働くため、日本の歴史や文化を知りたい、大好きな日本を旅行したい等様々で、会話中、なかなか言葉が出てこないもどかしさはあっても明るく前向きで熱心な態度には毎回感動しながら、何とか25分間笑顔で会話ができるよう、そして少しでもモチベーションが上がるよう事前の準備と工夫をしながら私自身も勉強させてもらっています。いつの間にか会話数も400回を超え中には直接お会いする約束ができるほどの方も何人かできました。

今後は、Sailの目指す国際貢献に向けて私なりに日々努力しながら、楽しんでいけたらと思っております。

堀野さん(70代)

セイルを始めて約1年、300回以上利用しています。私は現在78歳ですが、コロナで世界中がステイホームの時期、一人住まいの身にはとても良い刺激になります。

このアプリはパソコンやスマホの操作も超簡単で、日本語しか話さないで、世界中(主にアジアですが)の人達と楽しく交流ができるのは、とてもありがたいです。

交流で学んだことは、①いかに自分たちの国が豊かに恵まれているかということ。②交信相手の若者たちの素直さ、真面目さ、前向きさです。日本で働いて故国に送金する若者の姿を見ると頭が下がります。③交信によって、少しでも日本を伝え、来日しても言葉や文化で苦労しないように応援するのが高齢者のささやかな社会貢献だと考えます。

榎本さん(60代)

私は2019年8月よりセイルを始めました。最初は月に数回の会話をするだけでしたが、月を追うごとに毎週のように来てくださる方が増え、気の置けない日常の会話を楽しめるようになりました。

今年に入ると日本に働きに来る技能実習生の方々と会話するセイル募集の特別枠に参加したことで会話数が飛躍的に増えました。技能実習生の方々との会話では、母国に帰った後の将来の夢を聞きます、そうすると介護施設を造る、日本語学校の教師になる、日本料理のお店を開くといった夢を語ってくれます。

しかしながら、これから直面する彼や彼女らの異国での多難な生活を思いやると、日本に来た後でも、セイルの会話を通じて応援してあげたいと思う今日この頃です。

左口さん(50代)

ドキドキしながら約束の人を待つ。繋がるかな?ダメかな?接続中と表示される真っ黒な画面。「会えますように」相手の顔が映し出される。昔テレビの画面に顔が見えた時の感動を思い出す。喜びも束の間。外国人の放つ危うい発音の日本語。わからない。想像を膨らませて何とか聞き取る。ゆっくりとハッキリ言ったつもりの私の言葉。相手は理解できない。身ぶり手ぶり時にはヘタなイラストで。互いに全身全力で伝えあう。

たった一つの単語をわかりあえたこと。ただ、それだけのこと。でも「ただ、それだけのこと」で大声で笑い合える。「何も無い1日」が「楽しかった良い1日」になる瞬間。

日本で働くために日本語を学ぶ方と話す時はいつも胸が熱くなる。勝手に親心が溢れてしまう。こんな若い海外の方が日本を支えてくれてると思うと尊敬の念しかない。

私は海外への憧れを持ちつつ叶わぬまま今に至る。「若い時はバックパッカーで」とか「留学してて」なんて話を聞くと嫉妬を感じるほど羨ましかった。

でも今は違う。「今日も外国の方と会話した」今ここでの体験が確かにある。私に新しい光を与えてくれた「25分の世界旅行」sail。

松下さん(20代)

きっかけは、日本語学習者のために会話するスタイルでサポートできないかと考えていた時にこのアプリと出会いました。

当初「いろいろ教えてあげよう」と意気込んでいましたが気づけば私の方が教えてもらっていました。私の知らない海外事情や、また日本がどう見えているのかなど聞き「なるほど!」と毎回感動させられます。会ったことはないのにまるで昔から知っている友人のように会話を楽しんでいます。

「もっと上手に話せるよう勉強がんばります」と言われると彼らの原動力になれたのかと多少はサポートできていることに嬉しくなります。

仕事の合間に無理なく利用することができているのでどのような方にでも利用できるアプリだと思います。

メディア掲載

Media

ご利用規約

ご利用規約に関して

よくあるご質問

よくあるご質問の一覧を見る
当サイトは《株式会社 Helte》の公式WEBサイトです。
弊社公式WEBサイト(https://www.helte.jp/)内の画像および文章など全ての内容につきまして無断転載・転用を固くお断り致します。