これまでの実績

25
施設・学校での利用

1195
ユーザー (生徒・先生)

10
国と地域

代表挨拶

代表挨拶

「好奇心×知恵=○○○」
あなたなら、ここにどんな解を入れますか。

大学時代のわたしにとって、その解は「放浪」でした。二度の留学に加え、帰りそびれた旅人よろしく、30か国に及ぶ異郷を徘徊。異なる言葉、異なる考え、異なる経験をしてきた人たちとの出会いは、実に刺激的でした。

異論、異彩、異人、異文化、異次元、異性、異教徒、異業種……。

「異」なるものと接するとき、わたしたちは、得も言われぬ緊張感、開放感、そして高揚感に包まれます。それゆえ、先の方程式「好奇心×知恵」に「×異」が加わった時、その解は二次元から三次元へと、さらなる魅力をさく裂させるのでしょう。

このたびわたしたちが立ち上げたビジネスは、まさに、「異」が起こす化学反応に着目したものです。

異なる価値観を礎に、新しい価値観を生み出す。その上で、お互いの不足部分を補い合う、「ウィンウィン」の関係を構築できないだろうか。とりわけ、諸外国での教育問題、人材育成、先進国の高齢化・人材不足という問題に、わたしたちは今までとは異なる解決アプローチを描いています。

例えば、好奇心や向学心があっても、どう挑戦していいのかわからない諸外国の若者たち。かたや、知恵も知識も人生経験も豊富にもかかわらず、それを有効に使う場所と機会に恵まれない日本のシニアたち。

彼らに必要なのは、世界をのぞき込む窓ではないか。その窓は、一生すれちがう運命になかった異なる両者をいとも簡単につなぐ、魔法の入口。そして、彼らはその窓を開けさえすれば、膠着した現在と未来を変えられるはずだ。

わたしたちはそう考えています。

会社名の「Helte(ヘルテ)」とは、デンマーク語で「夢や希望を与える人」という意味です。今のわたしにとって、「好奇心×知恵」の解は何かと問われれば、ずばり、この仕事です。

わたしたち「異」端児が提案する「世界をのぞき込む小さな窓」をぜひ一度、体験しにきてください。わくわくする、たくさんの窓を用意しておきます。

後藤 学

ニュース 「マーケティングホライズン」2018年6月号に寄稿しました

2018年7月31日 - 日本マーケティング協会「マーケティングホライズン」に弊社Helte代表 後藤の事業への考え方や思いを文章にした記事を寄稿、掲載されました。下記URLから記事のPDFをダウンロードできます。

https://www.helte.jp/downloads/mh1806-goto.pdf

ニュース 「日テレNEWS24」で当社の事業が紹介されました

2018年7月28日 - 日本テレビ「おはよん」と「日テレNEWS24」にて当社の事業が紹介されました。日本のシニアの方々にそれぞれ興味のあることを話していただくことで、海外で日本語を学ぶ生徒は言語以外の学びも得ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=7L7P-3kRxkw

ニュース 台湾テレビにて弊社の取り組みが放送されました。

2018年4月10日 - 台湾テレビと台湾新聞にて弊社の取り組みを取り上げていただきました。ご利用者様の会話の様子や弊社事業のコンセプトが紹介されました。

https://www.youtube.com/watch?v=HRpV6_tRWoM

ニュース 「おはよう日本」にて弊社の取り組みが放送されました。

2018年3月30日 - NHK「おはよう日本」とNHK NEWS WEBにて弊社の取り組みを取り上げていただきました。藤沢市職員の方も見守る中、ご利用者様の会話の様子が公開されました。「楽しかった」「交流や観光などの可能性がある」とコメントをいただきました。

https://www.youtube.com/watch?v=CkWKKZhgHQs

ニュース 「4時も!シブ5時」で当社の事業が紹介されました

2017年12月06日 - 12月6日(水) 16:00にNHK総合「4時も!シブ5時」弊社代表の後藤が会社設立の経緯とこれからのビジョンに関して出演者の方々と対談させて頂きました。

https://www.youtube.com/watch?v=JUsroxbJQNo

ニュース 「国際報道2017」にて弊社の取り組みが放送されました。

2017年11月08日 - 11月8日(水) 10:00にBS1の「国際報道2017」にて弊社の取り組みを取り上げていただきました。実際のタイ現地の大学、先生方、学生たちの声や様子を放送していただきました。

https://www.youtube.com/watch?v=xuhAo4SKbRs

ニュース 「これでわかった!世界のいま」にて弊社の取り組みが放送されました。

2017年9月24日 - 10月1日(日)18:05- 「これでわかった!世界のいま」NHK総合にて弊社の取り組みを紹介していただきました。弊社の取り組みは、日本のシニアへ「役割」「社会参加」を日常の中で生み出していくというものです。

こちらの取り組みを通して、日本のシニアの新たな生きがい作りと次世代への知識継承を多くの方々に担っていただけたらと思います。

こちらのページより、実際に放送された動画をご覧いただけます。

是非宜しければご視聴ください。

https://www.youtube.com/watch?v=anqjTzx1p2g

ニュース Amazing Friday : DBIC へ参加させていただきました

2017年9月15日 - 先日DBIC(デジタルビジネス・イノベーションセンター)様にて、弊社の事業説明をさせていただく場を設けていただきました。参加者からの幅広いビジネス、スキル、テクノロジー、ヘルスケア、社会課題、そしてリスク分析までを組み合わせた具体的なアイデアの提案に刺激を受けて、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。本日の体験をきっかけに実際の事業やコラボレーションなど、今後他社・他業種の企業様との垣根を超えた社会を変える一石になりえる新しい取り組みを行えることを期待しております。

ニュース アサンプション大学との共同研究及び提携校として調印しました

2017年7月08日 - タイ・バンコクのアサンプション大学と正式に提携校として調印致しました。こちらの大学とは日本語学習者と高齢者との関わりを通じた「全人格教育」に関する研究を今後共同で進めていく予定です。「全人格教育」とは他者との関わりの中で、「相手に与える」という行為を通じた精神的な教育の発展を目指すもので、それに加えて今回のプロジェクトでは多世代との交流を通じた学びの中で、日本語学習者に対して多様な「生きた日本語」を習得してもらう取り組みです。こちらのプログラムを通じて新しい教育の形を生み出していければと思います。

ニュース ラチャモンコン大学工科大学タンヤブリ校 御一行来社

2017年5月19日 - 先日、タイの提携校でありますラチャモンコン大学タンヤブリ校教学部御一行が来日し、弊社のオフィスへ来社されました。オフィスの見学や、意見交換、またタイの大学が抱える日本語教育の課題などを話合い、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。また教養学部学部長より、大学名を冠した記念品までいただき一層の親睦を図れたと思います。またの来日をお待ちしております。

ニュース 社会的事業アイディア『クロスポイント』に出場

2017年2月19日 - 社会的事業アイディアのプレゼンテーション『クロスポイント』にファイナリストとして出場・登壇し、当社サービス『Sail』を紹介させていただきました。会場では多くの社会課題解決に向けたアイデアが発表され、また社会課題に挑む様々な方々と新たに知り合い・交流を深める機会になりました。

プレゼンテーションでは超高齢化社会かつ労働者不足の日本の直面する大きな社会課題を共有し、サービスのさらなる追加機能と事業の展望を説明させていただきました。今年2017年のみならず、2025年までの長い期間でこれからの課題に向けたビジョンを描くことで、当社にとってもより明確な目標を持つ良い機会になったと感じております。

R-SIC CROSSPOINT @東京・神保町

ニュース 「The Japan News」 に掲載されました。

2016年10月29日 - The Japan Times に弊社に関する記事が掲載されました。日本が抱える「超高齢化」という課題に日本発の「テクノロジー」で新しい道を拓き、日本の高齢者と日本語を勉強している海外の学生とを結びつけるアイデアを多くの海外の方にも知って頂ける機会となりました。世界一の高齢化国として、高齢化と向き合い新しい形を創り上げ、世界に発信していければと思います。

また、英語圏以外でもスペイン語圏のポータルサイトに取り上げられるなど世界の多くの人たちの目に触れていただいております。より多くの国、人たちに私たちのサービスを知り、使っていただけるようにこれからもサービスの発展と拡大に努めたいと思います。

ニュース 「讀賣新聞・夕刊」に掲載されました。

2016年10月15日 - 讀賣新聞に弊社に関する記事が掲載されました。こちらに掲載されている写真は千葉県柏市にある高齢者向け住宅に入居されている方とタイ・バンコクで日本語を勉強している大学生を弊社のサービスを使ってビデオ会話をしている様子です。こちらの住宅に入居されている方と学生もお互いに知ってる事を教え合いとても楽しい時間を過ごすことが出来たと思います。

世界では日本語学習者の数が年々増加しており、それに伴い日本語に触れたいという需要が増えています。そのような方たちにとって日本のご高齢者は今までになかった新しい先生になるのではないでしょうか。

ニュース 「テレビ東京 ガイアの夜明け」に弊社代表の後藤のインタビューが放送されました。

2016年3月22日 - テレビ東京 ガイアの夜明けに弊社代表の後藤がインタビューを受けました。今回の放送では昨今の若者のキャリアの変化について、またその中でも「ソーシャルビジネス」に取り組む人々を取り上げ放送されております。

少子高齢者化、人口減少、テクノロジーの発達、グローバル化などさまざまな要素が影響し、今後もより一層個人のキャリアの描き方が多様化するかもしれません。

URL: http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20160322.html

ニュース 「40億人のためのビジネスアイディアコンテスト ジー・サーチ賞」を受賞しました。

2016年2月27日 - ベルサール六本木で行われました『40億人のためのビジネスアイディアコンテスト』でジー・サーチ賞(株式会社ジー・サーチ様 (富士通グループ))を弊社代表の後藤が受賞しました。こちらのビジネスアイデアコンテストは社会貢献とビジネスの両立を目指したアイデアを持つ参加者たちにより行われるコンテストです。会場では世界に存在する、様々な社会課題に対して真摯に、情熱的に向き合う発表者が壇上し、非常に活気に満ちた時間となりました。

世界ではいま、40億人が年に3,000ドル以下の所得で暮らしています。こうした人々の状況を、ビジネスを通じて少しでも改善したいという背景から、2013年にこちらの「40億人のためのビジネスアイデアコンテスト」が開始されました。諸外国の人たちに、ビジネスという切り口で新しい価値が今後も生まれることを期待しております。

URL: http://www2.icnet.co.jp/BIG/?p=848

ニュース一覧

2018年7月31日
「マーケティングホライズン」2018年6月号に寄稿しました
すべてを読む
2018年7月28日
「日テレNEWS24」で当社の事業が紹介されました
すべてを読む
2018年4月10日
台湾テレビにて弊社の取り組みが放送されました。
すべてを読む
2018年3月30日
「おはよう日本」にて弊社の取り組みが放送されました。
すべてを読む
2017年12月06日
「4時も!シブ5時」で当社の事業が紹介されました
すべてを読む
2017年11月08日
「国際報道2017」にて弊社の取り組みが放送されました。
すべてを読む
2017年9月24日
「これでわかった!世界のいま」にて弊社の取り組みが放送されました。
すべてを読む
2017年9月15日
Amazing Friday : DBIC へ参加させていただきました
すべてを読む
2017年7月08日
アサンプション大学との共同研究及び提携校として調印しました
すべてを読む
2017年5月19日
ラチャモンコン大学工科大学タンヤブリ校 御一行来社
すべてを読む
2017年2月19日
社会的事業アイディア『クロスポイント』に出場
すべてを読む
2016年10月29日
「The Japan News」 に掲載されました。
すべてを読む
2016年10月15日
「讀賣新聞・夕刊」に掲載されました。
すべてを読む
2016年3月22日
「テレビ東京 ガイアの夜明け」に弊社代表の後藤のインタビューが放送されました。
すべてを読む
2016年2月27日
「40億人のためのビジネスアイディアコンテスト ジー・サーチ賞」を受賞しました。
すべてを読む

日本語学習者向け

  • 様々な世代の人々との新しい関わり方を提供します。
  • 机上では学ぶことが出来ない知識と経験を知る機会を生み出します。
  • いつでも、どこでも、簡単に使えるサービスです。
  • 日常の中に、日本をより身近に感じていただけます。
日本語学習者向けページへ

施設利用向け

  • 新しい予防介護・機能訓練(社会的健康)として
  • 施設の収益改善・職員の負荷軽減に
  • 新しい取り組み・独自性を持たせて差別化
  • 楽しみながら、世界・社会と繋がり、貢献できる喜びを提供します。
施設利用向けページへ
採用情報

未来の、世代と国籍を超えたサービス創出のための仲間へ

近日公開
Download Sail

手のひらに、日本と繋がる小さな窓を

近日公開

お問い合わせ

お問い合わせは下記のフォームにご記入ください。お問い合わせは当社スタッフへメールで送られ、3営業日以内に返信をさせていただきます。

お名前は必須です。
会社名・所属先は必須です。
電話番号は必須です。
メールアドレスは必須です。
空欄でのお問い合わせはできません。ご用件をお書きください。

受賞歴・メディア

協力・協賛企業